gps発信器の取り付け場所について

精度低下や誤差に注意すべきです。車外であればバンパー下部に発見しにくいように取り付けます。

gps発信器を持つ、持たないで変わること

相手の行動を把握できる

gps発信機があれば相手がどこにいるかリアルタイムで把握できますので、自らが尾行するよりも楽に正確な情報を得ることが可能です。形状の小さく発見されにくい点も使いやすいといえます。また行動パターンを追跡しやすく位置情報を記録できることから、証拠としてのデータの取得も容易です。

浮気調査に確信が持てる

記録された位置情報として行動パターンを特定しやすく、浮気の可能性があるかを判断できる点が優れています。gps発信機なら相手の行動を人知れず監視することができるので、浮気調査などを探偵に依頼するよりも格安で手軽に利用できて便利ですので、あらかじめ調査を自分で行えます。

子どもの居場所把握やバイクの盗難防止など

カーナビ

一般向けとしても手軽に入手可能になっているgps発信機は、衛星からの電波を受けることで場所を特定させることができます。小型のサイズも多いので、それをキーホルダー代わりに子どもに持たせたり、ペットの首輪に取り付けるなどで、万が一行方が分からなくなった時に居場所を知るために活用できます。また自転車やバイクなど、盗難されるリスクが伴うものにgps発信機を搭載するという方法もあります。自転車は乗り捨てられ、バイクは分解されて売却される危険性があり、取り扱いのしやすさから二度と戻ってこないことも十分考えられます。そこで早い段階で場所を特定できるgps発信機を導入しておくと、被害が小さく済む可能性が高くなります。

目的に合ったタイプを選ぶ

カーナビ

ひと口でgps発信機と言っても具体的な形は色々あり、危機管理目的で使用する際に間違えてはいけないのは、記録型のgpsを選んでしまわないことです。記録型はパソコンなど端末に接続することで位置情報が分かるものなので、利用目的が異なります。そして危機管理として利用する通信型gpsには、リアルタイムで位置情報を更新してくれるものと、利用者側が更新しなければならないものの2通りがあります。必要な作業を省いて効率的に活用するために、目的に合った方を選択しましょう。

料金システムは多種多様

カーナビ

gps発信機を利用する場合は基本的に、本体代金の他に通信費用がかかります。そしてあらかじめ一定期間分の通信費用が含まれた買い切りタイプや、利用に合わせて月ごとに少しずつ支払うレンタルタイプなど、サービスごとに色々な形があります。料金の他にも何らかの異常があった際にセキュリティスタッフが駆け付けたり、ブザー機能が搭載されているなど機能面にも違いがあります。そのため利用目的に合った性能があるものを選ぶことが大切です。

広告募集中